25年以上の経験

Fete Guest House

Text

カジノジャパンのツアー日程とチケット2020-2021の詳細をご覧ください

Text

h

今日見積もりを取得

今日あなたの旅行を予約してください!

私たちがあなたに提供するもの

Text

ランチディナー

カジノ&クルーズ

割引パッケージ

#1  最もホットな新しい旅行を取得する

Text

私たちは最高のお得な情報を提供し、今すぐ電話してもっと楽しんでください!

最新のアップデート

ラウンジ

体験と交流があるゲストハウス@両国
スタッフ募集
ご予約はこちら
アクセス
ごはんイベント&ツアー
くつろぎバー&ビーガンカフェ
部屋と設備
検索:
入力して Enter を押す

くつろぎバー&ビーガンカフェ

くつろぎバーとビーガン&ベジタリアンカフェは1Fにございます。
ゲストや地域の人たちがいつ来ても自由に交流できるバースペースであり、
feteの様々なイベントが行われている玄関口となっています。ぜひ気軽にお越しください。

くつろぎバー

バーは世界各国のビール、日本酒やカクテル、お酒に合うおつまみ、
運が良ければスタッフオリジナルのドリンクやおつまみもあります!
またほぼ毎日夜、どなたでも参加可能なフードパーティが開催されています。
営業時間:18:30〜23:00(L.O 22:30)
定休日;年中無休(イベントでのバー使用もあるのでイベント情報をチェック)

ビーガン&ベジタリアンカフェ

feteではビーガンやベジタリアンのゲスト方が多いので、1Fのカフェがビーガン/ベジタリアンフード専門のカフェになっています。毎日シェフの作る美味しいパスタやカレーのランチプレート、デザートなどが並び 全てビーガン/ベジタリアンの方でも食べられる仕様のごはんになっています。もちろん一般の方も美味しく食べられるお味になっていますので、一度ぜひお試しください。
Lunch営業時間:11:30〜14:00
Cafe営業時間:14:00〜16:00
スライドショーには JavaScript が必要です。

Lunch Menu

お豆と野菜のビーガンプレート ¥900
バジルトマトパスタプレート ¥900
豆乳かぼちゃクリームパスタプレート ¥900
豆乳ときのこのクリームパスタプレート ¥900

ランチプレートには2種のサラダと選べるドリンク付きです。
プラス¥300でドリンクをビールに変更可。

Cafe Menu

ココアグラノーラケーキ ¥300
豆乳バナナプリン ¥300
スイーツ+ドリンク ¥500
ソフトドリンク単品 ¥300
IMG_20170223_0073
Bar Menu

生ビール / ハイネケン / シードル:¥500
世界のボトルビール:¥600

カクテル各種:¥500

日本酒:¥600

ショット:¥400

おつまみ:¥300〜

Food Party

ほぼ毎日20:00より、宿泊者も地域の方も混じって、
みんなでご飯を作って交流できるフードパーティを行っています。
作るメニューは日々変わるので、イベント情報をチェック!

参加費:宿泊者は¥500、一般の方は¥700

イベント情報はこちら
top.info
投稿ナビゲーション
ごはんイベント&ツアー →

Powered by Google TranslateTranslate
検索:
入力して Enter を押す
Latest Info
今週もいい週でした、晴れて、ゲストもたくさんいて! 4月 5, 2018
最近のfeteのお昼の様子、 3月 30, 2018
カフェで出してるパウンドケーキは種類豊富で、 3月 29, 2018
今日はfeteのランチの紹介です! 3月 28, 2018
昨日はゲストと隅田公園でお花見をしてきました! 3月 27, 2018

日本のカジノツアー

日本のカジノツアー

 

カジノの歴史には変遷があります。ギャンブル産業はもともと非常に限られた形で行われてきましたが、時間とともに表舞台に登場するようになりました。ギャンブル産業はまだ、すべての国で合法化されているわけではありませんが、合法化への動きはすでに始まっています。マカオのようにギャンブル産業がGDPの60%以上を占める地域もありますが、日本に関しては、その動きは始まったばかりです。以前はカジノを法的に禁止していたこの国で、独自のカジノの枠組みが始まろうとしています。日本は間違いなくギャンブルの中心地になるための一歩を踏み出したと言えるでしょう。

合法化:

ギャンブル業界

日本国内では、特定の形の賭け事は認められていましたが、カジノのギャンブルは禁止されていました。日本が第二次世界大戦後の経済復興対策としてギャンブル産業を活用してきたことを考えると不思議な話です。国が後押しする宝くじやパチンコスロット、競馬などは公に認められています。カジノギャンブルに関しては、国内で長らく論争が繰り広げられてきました。カジノ合法化の議論は2000年に入って始まりましたが、結局話は進みませんでした。しかし近年の議員による合法化を求める動きは目を見張るものがあります。

法律の制定:

日本の法律では、カジノやあらゆる種類のギャンブルは禁止されていました。2018年に長年の議員による努力が実り、ついにカジノ法案が可決されました。この法案は、国内の統合型リゾートの導入という形でカジノを合法化するものです。ただし、こうしたカジノを建設するにあたっては特定のルールが存在します。カジノの設置場所は3か所(大阪、東京、横浜)に限られています。また、それだけでなく、業界の規制や管理に関する内容も法案には含まれています。

カジノ管理委員会:

カジノ委員会

カジノ管理委員会は内閣府の外局の行政委員会です。2020年1月7日に発足し、カジノ業界の監督や、カジノ事業免許の付与や取り消しなどを行います。また、カジノ法とその精神が実質的に順守されているかどうかを注視する役割もあります。委員会に付与された権限は、業界の円滑な運営を確実にすることであり、違反があった場合には、事業免許の取り消しや法的手続きが発生する可能性があります。

将来性:

日本は、ゲームに関して言えば、そのメッカともいえる国です。eスポーツなどの分野でも高い評価を受けています。このような状況にあって、こうした分野における日本へ期待は世界的に高いものがあります。カジノの設置に関しては、すでに1か所の入札が締め切られており、残り2か所の入札はこれからです。日本は将来ギャンブルの中心地のひとつになれる可能性がありますが、そうなるためには、業界の期待をよく理解したうえで、それに応えていく必要があります。

結論:

日本で新たにカジノの枠組みが始まろうとしています。これまであらゆる形のギャンブルを制限していたこの国にとって、これは非常に前向きな変化となるでしょう。ただし日本の居住者に対しては、こうしたカジノ施設へのアクセスにあたり特定の制限が存在します。こうした制限は、居住者のギャンブル依存症を抑制するために実施されるものであり、カジノ合法化が閣議において議論されていた際の主要な審議項目のひとつでもありました。

レビュー

Text

咲希 仁平

お問い合わせ

住所

トウキョウト, チヨダク, カンダニシフクダチョウ, 306-1216

Eメール

info@fete-guesthouse.com

今日の約束をする